【家庭菜園初心者】農業屋の耕運機レンタルを利用してみた。

【ひとりの日常。】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

季節は3月。農作業の時期ですねー(唐突)。

我が家には25メートルプールくらいの大きさの畑があります。

野菜を植えるにも、冬の間カチカチに固まった畑の土を復活させないと、スタートできません。

  • 畑はあるけど、まず何したらいいの…?

という方、参考になればうれしいです。

結論を言うと、農業屋の「耕運機(こううんき)レンタルサービス」がおすすめです。

参考:農業屋|耕運機のレンタル

農業屋とは?

東海3県(愛知・三重・岐阜)、静岡、奈良、和歌山、兵庫にある、農業専門のお店です。

プロの農家さんだけではなく、家庭菜園をしている方もよく利用しています。

畑を始めるなら、とりあえず行けば何とかなります!(※個人の意見です)


その農業屋のサービスの1つに、「耕運機レンタルサービス」があるのです。

耕運機のレンタルがおすすめな理由

  1. 借りたいときに借りられる(要予約)
  2. 操作方法も(頼めば)教えてくれる
  3. 使用後はそのまま返却OK

主にこの3つかな、と思います。

「畑があって使うなら、耕運機買えばいいじゃん」

と言われそうですが、

  • 購入後のメンテナンス(動力源はガソリンタイプが多いと思います。)
  • 故障時の修理費用

を考えると、自分に購入は向かない、と思いました。(ガチ農業ではないので・・)

あと、操作方法知らん…!(致命的)

ということで、「耕運機 レンタル」でググったところ、農業屋のサービスを知ったのでした。

耕運機レンタルサービス 利用の流れ

簡単に記すと、以下の通りです。

  1. 近くの店舗に電話し、レンタル日時を予約する
  2. 当日に店舗に行き支払い。耕運機をレンタル
  3. 当日の営業時間内に返却

自分は朝9時ころに店舗に行ってレンタルし、午前中に返却、という感じでした。

ちなみに、レンタル料金は、今回は3,630円(税込)/日でした。
※当日返却の場合。

(※レンタルする機械、店舗により差があるかもしれません)

では実際にレンタルした様子です。↓

農業屋の耕運機レンタル(実践編)

3月某日、最寄りの農業屋に耕運機を借りに行きました。

農業屋には何種類か耕運機があるのですが、

畑の大きさを伝えると、合った耕運機を紹介してくれます!

今回レンタルしたのは、こちら↓

庭の雑草は見て見ぬふりをしてください…!汗

ホンダの「こまめ」をレンタルしました。

農業屋でレンタルできる耕運機では、一番小さいサイズのようです。

耕運機レンタルサービス、今回が2回目の利用なのですが、

半年ぶりのため、操作方法をすっかり忘れてました…

そしたら、一から教えてくれて、操作方法の紙もつけてくれました(画像の〇部分)。優しい…


ということで、早速畑の土起こしをしていきます!!

見学者、約2匹。笑

①畑全体に堆肥をまきます。

お見苦しい画像で申し訳ありません。これが我が家の畑の現実です…

考えなしに植えた玉ねぎが中央にありますがw

②(玉ねぎ部分は避けて)耕運機で耕します。

矢印のようにタテ、ヨコとまんべんなく。(完全に自己流です。笑)

③思う存分耕したら、レーキ(畑を平らにならす農具)で表面を整えて…

完成!!

画像だと分かりにくいですが、土もやわらかくなりました。

見比べるとこんな感じです。

家庭菜園2年目の初心者でも、1時間弱ほどで作業は完了しました。

***

さて、使い終わったら、農業屋へ耕運機を返却しに行きます。

ガソリン補充&掃除しなくてOKなので、最低限の土だけ落として車に積み込みます。

軽の荷台にすっぽり入るサイズ感です。

ただ、機械の重さは約30kg近くあります…!(こまめでも)

運搬、積み込みはくれぐれもご注意ください。

まとめ

  • 家庭菜園初心者なら、耕運機はレンタルが吉
  • 農業屋なら、レンタル料3,630円/日(税込)で、必要なら操作方法も教えてくれる
  • 使用したらそのまま返却OK

詳細は各店舗にてご確認ください。

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました