保護猫の里親探しで行った5つの方法。(預かり初心者 体験談)

【ひとりの日常。】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

  • 保護猫を保護したが、里親を探すのに苦戦している
  • 譲渡会以外の手段が知りたい

今回は、実際に保護猫を保護して、
里親さんへ譲渡するまでに活用した方法の紹介です。

昨年の話ですが、保護猫を自宅で預かり、保護しておりました。

保護した当時の様子については、こちら↓

猫の里親探し、思った以上に苦戦してませんか?

ご縁なので急ぐことでもありません。

が、1日でも早く新しい里親さんの元で幸せになってほしい。と願う預かり主さんも多いはず。

もし試していない方法があれば参考にしてもらえると幸いです。

里親探しをしていた猫ちゃんについて。

昨年保護した猫ちゃん。今見返してもかわいい。(親ばか)

ゆず君。キジトラのオスで、保護した当時は推定2か月ほどでした。

名前、迷い過ぎて友人や家族に相談しまして。
職場の方から「ゆず」り受けた猫ちゃん。良い里親さんに「ゆず」れるように。
という、某友人の提案をそのまま採用しました。
あと、単にかわいい名前だから。笑

特徴は、細くて長いかぎしっぽ。と、ゆずスマイル☺

ゆずスマイル☺

性格は、元気で活発。人にも猫にも甘えん坊です。
我が家に来て1週間でこんな感じでした。

くっつき猫、ゆず。

我が家の先住猫にもこんな感じ。
茶トラ(♀)が面倒見がいいのもあり、よく一緒にいました。

里親探しに使用したツール5選。

動物病院への里親募集の掲示(保護当時~)

近所の動物病院に、里親募集のチラシを作り掲示してもらいました。
が、問い合わせは無し^^;

保護猫カフェへショートステイ(?)(約2か月間)

我が家の先住猫2匹は、(里親希望者には譲渡もしている)保護猫カフェ出身です。
その保護猫カフェのオーナーさんに相談し、ショートステイしてみることに。

人懐っこいしすぐ里親見つかるかも。寂し(´・ω・`)
と思ってました。が。

現実はそう甘くなく。

慣れない環境からか体調不良で途中2回帰ってきて、結局里親希望もなし。
違う方法で募集して、ゆず君には家でゆっくり過ごしてほしいな。

ということでショートステイは終了。

感動の再会

譲渡会への参加(計2回)

動物病院にから地元の保護猫団体を紹介され、譲渡会に参加してみることに。
譲渡会は月2回開催されており、都合がつく2回参加しました。

譲渡会に参加中のゆず君。途中から寝ちゃってます。笑

ドキドキ…
zzz…

譲渡会に来る方は里親希望の方がほとんどなのですが、
目当ての子がいたりライバルの子猫がいたり、でなかなか決まらず。

さらに保護主(私)のコミュ障もあり、中々話せず。。申し訳ない…!

「ジモティー」の活用(約3か月間)

ジモティー」は、無料で利用できる掲示板です。
不用品回収のイメージが強いかもですが、実は里親募集もしています。

譲渡会と同時進行で掲載してみました。

問い合わせは2件あったものの、条件が合わなかったりドタキャンされたり…。
私はそんな感じでした^^;

「ペットのおうち」の活用(約3か月間)

里親募集のサイト、「ペットのおうち」にも掲載してみました。
こちらも譲渡会と同時進行で掲載。

すると、問い合わせが。

結果、この問い合わせきっかけで里親さんが決まりました!

まとめ(個人的見解。)

今回、里親探しで使ったツール紹介でした。

これがおすすめ!とは一概には言えませんが(里親さんとの出会いも”ご縁”なので)、
色々トライしてみるのがいいのかなー、と思います^^

…と、書いていたらゆず君に会いたくなってきました(´・ω・`)
預かり期間に撮りためた写真・動画を愛でようと思います。笑

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました