引越し費用の抑え方①。ど素人が賃貸初期費用を交渉してみた。

【ひとりの日常。】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

先月、一戸建てから賃貸物件へ引越をしました。
賃貸物件への引っ越しは約5年ぶり。で、衝撃。

( ゚Д゚) 引っ越すのって、こんなにお金かかったっけ…!?

まずい。これでは貯蓄が底をついてしまう…。

てなことで、自分なりに工夫して、引っ越し費用を抑えてみました。

結果、当初の費用より約15万円抑えられました。

大まかに実際に行った方法です。↓

★初期契約費用の交渉をする(不動産仲介業者)

引越業者を相見積もりサイトで探す(引越の達人)

地元の便利サービス業者を活用する

引越は最低限の物だけお願いし、残りは自分で運ぶ

今回は、初期契約費用の交渉についてまとめたいと思います☆

いざ、実践。

恥ずかしながら、初期契約の費用を交渉できるのを今まで知りませんでした。
初期費用の交渉、初挑戦してみました。

不動産仲介業者からいただいた見積の項目はこちら。↓

他の業者からも見積もりをいただきましたが、同じような項目が多い感じ。
この中で今回交渉した項目(☆)、その内削減できた項目(赤枠)です。↓

※仲介業者や担当者にもよると思いますが、まず言ってみるのが大事だと思います。

交渉できた項目

家賃

初月にかかる家賃を無料にしてもらえないか(フリーレント)、交渉しました。
フリーレントを受けてもらえるなら、即契約します、という条件で。

家財保険

当初、不動産仲介業者が指定した家財保険でした。(年間22,000円(!))
が、家財保険は自分で好きな保険会社で加入できます。

「家財保険は自分で選んで契約したいので外してください」とお願いしました。

結果、現在加入している家財保険はチューリッヒ少額短期保険・ミニケア

詳細はこちら。

年間3,610円です。(保障は必要最低限にしました。)

室内消毒・ファイテック

賃貸契約時によく含まれている項目ですが、任意項目なので断れます

室内消毒は、自分でバルサンを購入してセルフ消毒しました。笑

ファイテック(消火器)も必要があれば自分で購入できます。

交渉できなかった項目

町内費

賃貸物件だし、本来必要ないのでは?と思って打診しましたが、難しいとのこと。
賃貸契約にも「町内会への加入が義務」と内容があり、外すのは難しそうな印象でした。
(物件や地域にもよるのかもです。。)

仲介手数料

不動産仲介業者へ支払う仲介手数料は、法律(宅地建物取引業法)によって上限額が定められています。
家賃の約1か月分(貸主・借主双方からもらう合計額)が上限なので、
本来は家賃の0.5か月分 が上限額なんですよねー。

当初、見積書に記載されてた仲介手数料は家賃1か月分。
なので、交渉してみました。

が、「専任媒介(※)」であり、会社の規定もあるので難しい、とのこと。

(※)「専任媒介」とは?

賃貸物件の募集を1つの不動産仲介業者でのみ請け負っていること。

ほんとに専任媒介か?と思って、他の不動産仲介業者にも問い合わせましたが、
他では募集はしてない、とのこと。
うーーん、残念。

まとめ。

個人的に交渉しやすさレベルはこんな感じかと。↓

  • 家賃&町内会費 ☆☆★★★
    (人気物件や時期によっては難しいかも…?)
  • 家財保険 ☆★★★★(任意加入なことを強気に出すと◎)
  • 室内消毒&ファイテック ★★★★★(断固拒否の姿勢で。)
  • 仲介手数料 ☆☆★★★(専任媒介な物件は難しい印象でした。。)

あと、あまり粘り過ぎず、淡々と言うのが大事だなー、と思ったのでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました