白髪はないけど染まるのか?アラサー女がヘナ染めやってみた。

【ひとりの日常。】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

ヘナ染め。本来白髪染めで使われることが多いようですが、
髪にも良いらしく、美容院よりも安く済む。

  • 白髪無しの髪でも染まるのか?
  • 実際にヘナ染めしてみたメリット・デメリット

てなことで、挑戦してみました。

やろうか迷ってる方の参考になれば幸いです^^

「ヘナ」とは?(ざっくり概要)

天然由来の植物で染める白髪染めの総称です(超絶ざっくり)。
特徴は以下の通り、とのこと。

  • 天然由来の色素で、オレンジ系のブラウンに染まる
    (特に白髪部分や傷んだ部分に色が入るらしい)
  • トリートメント効果、頭皮の皮脂を除く効果あり→ヘナ染後は湯シャンでokらしい
  • 髪の状態によっては色が入る部分、入らない部分が出る可能性がある。
    →ヘナの種類で「インディコ」というのがあり、それで髪色を中和(?)するらしい。

ふむふむ。とりあえずやってみよう。

初ヘナ染め、やってみた。

今回使用した商品

今回使用した商品はこちら。楽天市場で購入しました。

1袋100gの4色セットです。

そして、今回使用した色はこちら。オーソドックスに、ブラウン。↓

早速中身を確認し、パッチテストを行いました。
中身はこんな感じ。

猫も興味津々。抹茶っぽい粉末で、香りは……よもぎ?草の香りでした。

そして、パッチテスト。二の腕の内側に塗ってみました。
(本来は絆創膏をするらしいけど忘れた)

土っぽい
乾くとポロポロ

2,3日放置して、特に問題無し。よかった!

いざ、ヘナ実行。

ヘナをするのに準備したもの。

  • ヘナ(私はミディアム長さなので、1袋(100g)使用。)
  • ホームヘアカラーセット(ヘナセットのおまけ)
  • 洗面器
  • スプーン(泡だて器推奨)

本当は泡だて器があるといいらしいのですが、我が家には泡だて器がない。
ヘナ混ぜるならスプーンでいけるんじゃね?てことで、スプーンで。

説明書(+youtube)を見ながら、いざ実践。

1.ヘナをお湯(約60℃)で溶かす。

目安はマヨネーズ状になるまで、とのこと。

ヘナを溶かした様子はこんな感じ。

…マヨネーズ?泥?笑

ポイント
  • 多少固い状態の方が塗りやすい(らしい)。

2.(時間があれば)ヘナを常温で放置(約1時間)

時間を置くと、ヘナが水分となじんで固くなり、塗りやすくなる(らしい)。
私は省略。笑

3.ヘナを髪に塗布し、1時間放置。

ビニール手袋をつけ、泥状のヘナを髪に塗布します。
根元から毛先に向かって塗ります(こんな感じ↓)。

ポイント
  • 確実に汚れるので、髪にヘナを塗る作業はお風呂でするのが良き◎

ヘナを塗りたくったら、フェイスタオルで髪を巻いてヘアターバンにしまして、
1時間放置

待っている間もヘナ垂れてくるし、私は約1時間、お風呂に入りました。
お気に入りのラジオや動画を見てたら、あっという間です♪

4.ヘナを洗い流し、シャンプー。ドライヤーで乾かす。

私は浴槽に頭を直接漬けて、お風呂のお湯でヘナを溶かしてからシャンプーしました。
イメージはこんな感じ。↓

ちなみに

ヘナにはリラックス効果や血流を良くする効果もある(らしい)。体に害はないはず…!

しっかり目にシャンプーしても茶色の液が垂れてくるんだが。。
ま、良しとしましょう。

3.で使ったフェイスタオルはヘナでベタベタなので、処分しました。

ヘナで染めた後はこんな感じ。

(左)染める前。                 (右)染めた後。

※ヘナ後の写真は翌日の寝起き直後で撮ったので、ボサボサ…すみません;;

んんん~~??変わった……のか??
若干黒くなったような、なってないような…。
白髪無しだと、1回染めでは違いが分からないかもです^^;

まとめ。

あくまで私個人の意見ですが、
白髪無しの初ヘナだと、あまり染まった感は無いかもしれません。汗

ただ、ヘナ染めは回数を重ねると色が入りやすい(らしい)ので、
しばらく続けようと思います。

最後に、個人的注意点はこんな感じ。

  • 予想以上に時間かかったので、時間に余裕がある日にすると良い。
    (私は約3時間かかりました…)
  • 予想以上に汚れるので、道具や浴室はすぐ洗う。
  • ヘナ染後、1週間ほどは濡れた髪からヘナ液(?)が出るので、タオル、服に色が付くかもです。(私だけ?)

です。以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました