ゆず消費に★ラカントを使って自家製ドライフルーツ作り。

【ひとりの日常。】

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

昨年、我が家に居候してた保護猫ゆずくん。

縁あって先月、ゆずくんの様子を見に里親さん宅へお邪魔しました☆

保護猫の件はこちら↓

その時におみやげをたくさんいただいたのですが、その中に大量のゆず

日持ち出来て普段食べられるものはないんか

と探していたところ「ドライゆず(ドライフルーツのゆずver)」が自家製できるらしい!

簡単で家にある材料で出来そう!早速作ってみました^^

ざっくりレシピはこんな感じ。

ドライゆず★作り方
  1. ゆずを洗って輪切りスライス。
  2. 砂糖と水を火にかけて溶かしてゆずを投入。
  3. 少し煮詰める。
  4. 広げて並べてオーブン(または室温)で乾かす。

要は切って煮てほったらかし!笑

材料。

  • ゆず:あるだけ
  • 砂糖(今回はラカント+はちみつで代用):ゆず重量の20-30%
  • 水:砂糖50gに対して水大さじ1

本当は砂糖=上白糖の方が良いと思うのですが、我が家にはラカントとはちみつしかないww

「まぁ何とかなるでしょ」と謎の自信で作りましたが、結果何とかなりました。笑

健康のことを気にされている方はラカントで作ってもいいかもです!

余談。ラカントとは?

糖類ゼロ、カロリーゼロの甘味料です。

羅漢果(ラカンカ)という植物を利用した天然由来の甘さだそう。

砂糖と同じ糖度の甘さのため、砂糖を使うような感覚で手軽に使えて便利です★

作りかた。

1.ゆずをスライス。

2,3mm(を目指して)スライスします。厚さは多少あっても気にしない★

スライスしつつ中の種も取ります。

ポイント(?)

スライス&種取りをすると予想以上に汁だく(?)になるので
まな板の下にタオルを敷くなどした方がいいかもです。

私はゆず汁まみれになりましたww

2.重さを測って砂糖(今回はラカント)、水を準備。

スライス・種取りしたゆずの重さを測り、砂糖と水の量を計算します。

今回、ゆずは409gあったので、砂糖(ラカント)はゆず重さの30%で約130g。

水の量は約40ml。

デジタルスケールに鍋を直置きして水とラカントを測ります(ズボラを極めているので。笑)

ラカントが微妙に足りずはちみつで調整。

3.良い具合まで煮込む。

煮込みすぎるとジャム化するらしい。。

入れた直後
沸騰直後

沸騰してから2,3分するとこんな感じに↓

若干透き通ってる感があります。こんなもんか?分からん。ま、いっか(適当)

4.天板に広げてオーブンへ。

くっつかないシートを天板に敷いて、その上に煮込んだゆずを広げます。

で、ひたすらオーブンで乾かす。

温度110℃で40-50分ほど加熱。

途中裏返しつつ表面が乾くまで、を目安に加熱しました。

Before
After

写真だとほぼ同じですが。笑

触ってみて表面がべたつかなければOKかと^^

5.常温でしばし放置。で完成。

粗熱をとる+さらに乾かす ために常温で放置しました(約ひと晩)。

で、翌朝。★完成★

保存袋はドンキで購入。
初ドライゆずに興味津々。

日々の朝ごはんやおやつに大活躍でした^^

余談。実際、どれだけ日持ちした?

毎日のように食べてましたが、約2週間は日持ちしました!
我が家は暖房つけっ放しなので、一応冷蔵保存してました。

時間はかかりますが手順は実にシンプル。

ゆず余ってるな…、という方。よければ作ってみてください(^_-)-☆おすすめです。

おまけ。現在のゆずくん(猫)。

面長な顔立ちと食いしん坊なところは変わらず。

約1年ぶりでしたが、顔つきが少し大人になってました。感動…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました